投資マンションを始めるなら|信用出来る管理会社を探そう

デメリットも頭にいれておく

グラフ

利用する際に注意する事

太陽光発電の投資というのは、リスクが低いという魅力は有るのですが、その分リターンが少ないというのは覚悟する必要が有ります。というのも買取り保証制度が行われ始めた初期の頃は、需要拡大などの為に40円台という非常に高価な値段設定がされており、下手な不動産投資などに比べてもかなり旨みがある投資だったのですが、参入業者が増えて買取りが行われる電力量が増えるにつれて買取り保証額が下がってきており、業者によってはこれから参入しても利益が出ないと判断して参入を中止した会社なども存在します。但しこれは営利企業の話であり、個人の土地活用という面で見るとリターンが少ないとはいえ、太陽光パネルを設置したらどのような土地でも行う事が出来る太陽光発電というのは別の魅力がある投資なので、太陽光発電のデメリットも踏まえながらしっかりと計画する事が大切です。

太陽光発電を設置する際に知っておくと良い事

太陽光発電を設置する際に知っておくべきこととして、発電量の問題があります。自宅の屋根に載せるにしても土地活用として利用するにしても、なるべく利益を上げたいと考えるのであれば、太陽光発電によってどれだけ発電し、それをどれだけ売電出来るかがカギになるからです。発電量というのは様々な要素で変わってきますが、基本的にパネルの性能と日照時間の二つによります。太陽光パネルは高性能であればあるほど小さなパネルで沢山の電気を発電する事が出来るのですが、どのように工夫しても限度があり、高性能であればあるほど費用が高くなります。なので重要になるのは日照時間で、これはその土地の事情などによって異なって来るので、設置をする前に気候条件をしっかりと確かめておきましょう。